2008年度研究業績 (2008年4月から)

論文

  1. 加藤健一, 平田健太郎, 杉本謙二,
    “状態依存むだ時間系の非線形モデル表現とSOS解析”,
    システム制御情報学会論文誌, Vol. 21, No. 4, pp. 103-110, 2008.
  2. 中村幸紀, 平田健太郎,杉本謙二
    “タイムスタンプを用いた切替え型オブザーバによるネットワーク上の複数機器の連動”,
    システム制御情報学会論文誌, Vol. 21, No. 7, pp. 211-218, 2008.
  3. 川村雄, 平田健太郎, 鈴木新, 杉本謙二,
    “ソフトセンサを用いた調理家電のモデルベース温度制御”,
    電気学会論文誌, Vol. 128-C, No. 7, pp. 1110-1116, 2008.
  4. Tachibana, T., and Harai, H.,
    “Lightpath Establishment without Wavelength Conversion based on Aggressive Rank Accounting in Multi-Domain WDM Networks”,
    IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol. 26, No. 12, pp. 1577-1585, 2008.
  5. Tachibana, T., and Kasahara, S.,
    “QoS Provisioning with Shared Wavelength Allocation for Limited-Range Wavelength Conversion”,
    Dynamics of Continuous, Discrete and Impulsive Systems (DCDIS) Series B: Applications & Algorithms, Vol. 15, No. 4b, pp. 459-482, 2008.
  6. Tachibana, T., and Kasahara, S.,
    “Recent Research and Development in Optical Burst Switching toward Next-Generation Ultra High-Speed Networks”,
    Far East Journal of Electronics and Communications, Vol. 2, No. 2, pp. 133-151, 2008.
  7. Basel ALALI, Kentaro HIRATA, and Kenji SUGIMOTO,
    “Feedback Error Learning with Insufficient Excitation”,
    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E91-A, No. 10, pp. 3071-3075, 2008.
  8. Kiminao Kogiso, and Kenji Hirata,
    “Reference Governor for Constrained Systems with Time-varying References”,
    Robotics and Autonomous Systems, Vol. 57, No. 3, pp. 289-295, 2009.
  9. Atsushi Satoh, and Kenji Sugimoto,
    “Loose eigenstructure assignment via rank-one LMI approach with application to transient response shaping in H infinity control”,
    International Journal of Control, Vol. 82, No. 3, pp. 497-507, 2009.

解説・書評

  1. 橘 拓至,
    “第59回シンポジウムレポ,”
    オペレーションズ・リサーチ, vol. 53,no. 8 pp. 466-468, Aug. 2008.

国際会議

  1. Tachibana, T., Kogiso, K. and Sugimoto, K.,
    “Dynamic Management of Computing and Network Resources with PID Control in Optical Grid Networks,”
    IEEE ICC 2008, Beijing, China, May, 2008.
  2. Basel Alali, Kentaro Hirata, Kenji Sugimoto,
    “Can a Two-Link Manipulator Learn How to Write?,”
    17th IFAC World Congress, pp. 4084-4089, Seoul, Korea, 6-11 Jul., 2008.
  3. Arata Suzuki, and Kenji Sugimoto,
    “Heat Capacity Identification via Mahalanobis Taguchi System,”
    SICE Annual Conference 2008, pp. 1873-1876, Tokyo, Japan, 20-22 Aug., 2008.
  4. Yukinori Nakamura, Kentaro Hirata, and Kenji Sugimoto,
    “Synchronization of Multiple Plants over Networks via Switching Observer with Time-stamp Information,”
    SICE Annual Conference 2008, pp. 2859-2864, Tokyo, Japan, 20-22 Aug., 2008.
  5. Kiminao Kogiso, Masanori Tatsumi, and Kenji Sugimoto,
    “A Remote Control Technique with Compensation for Transmission Delay and Its Application to Pan Control of a Network Camera,”
    IEEE Multi-conference on Systems and Control, pp. ??-??, San Antonio, USA, 3-5 Sep., 2008.
  6. IEEE Multi-conference on Systems and Control, pp. ??-??, San Antonio, USA, 3-5 Sep., 2008.
    “Random Scheduling Method for Hop-based Burst-Cluster Transmission in Optical Burst Switching Networks,”
    The 7th International Conference on Optical Internet (COIN 2008), Akihabara, Tokyo, Japan, 14-16 Oct., 2008.
  7. Kinoshita. H.,Takuji Tachibana, and Kenji Sugimoto,
    “Dynamic Channel Switching based on Rank Accounting in IEEE 802.22 WRAN System with Fast Channel Switching Technology,”
    International Conference on Communications Systems and Technologies(ICCST 2008), pp. 319-324, San Francisco, USA, 22-24, Oct., 2008.
  8. Nassar, B.,Takuji Tachibana, and Kenji Sugimoto,
    “Dynamic Burst Ordering for Burst-Cluster Transmission to Improve Fairness in OBS Networks,”
    International Conference on Communications Systems and Technologies(ICCST 2008), pp. 385-390, San Francisco, USA, 22-24, Oct., 2008.
  9. Tachibana, T.,
    “Message Routing Algorithm with Additional Node-Information for Capability-Aware Object Management in P2P Networks,”
    International Conference on Communications Systems and Technologies(ICCST 2008), pp. 307-312, San Francisco, USA, 22-24, Oct., 2008.
  10. Kenji Sugimoto, Basel Alali, and Kentaro Hirata,
    “Feedback Error Learning with Insufficient Excitation”,
    47th IEEE Conference on Decision and Control(CDC2008), pp. ??-??, Cancun, Mexico, 9-11, Dec., 2008.
  11. Kenji Sugimoto and Jani Even,
    “Semi-blind Technique for Non-stationary Noise Cancellation in System Identification”,
    The 40th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, pp. ??-??, Kyodai Kaikan, Kyoto, Japan, 14-15, Nov., 2008.
  12. Kensuke Nagai, Yukinori Nakamura, and Kenji Sugimoto,
    “Robust State Estimation for Systems with Irregular Sensing Failure”,
    IEEE International Conference on Networking, Sensing and Control (ICNSC 2009), pp. 43-48, Okayama University, Okayama, Japan, 26-29, Mar., 2009.

国内会議

  1. 水野貴志,平田健太郎,
    “倒立振子系のカメラ設置誤差に対してロバストなビジュアルフィードバック制御”,
    第52回 システム制御情報学会 研究発表講演会(SCI’08),京都情報大学院大学,2008/5/16-18.
  2. 鈴木 新,杉本謙二,
    “MTSによる制御対象の負荷推定法”,
    第52回 システム制御情報学会 研究発表講演会(SCI’08),京都情報大学院大学,2008/5/16-18.
  3. 杉本謙二,Jani Even,近藤 祐和,
    “独立性に基づくシステム同定のノイズ除去”,
    第52回 システム制御情報学会 研究発表講演会(SCI’08),京都情報大学院大学,2008/5/16-18.
  4. 辰巳雅紀,小木曽公尚,杉本謙二,
    “ネットワーク型拘束システムの遅延補償による制御性能の改善と実機検証”,
    第52回 システム制御情報学会 研究発表講演会(SCI’08),京都情報大学院大学,2008/5/16-18.
  5. 木下 晴雅, 橘 拓至, 杉本 謙二,
    “IEEE802.22における優先度情報を用いた非衝突チャネル選択法,”,
    電子情報通信学会技術研究報告, (NS2008-27), pp. 7-12,2008.7.17-18.
  6. [奨励講演] 冨本 隆, 橘 拓至, 杉本 謙二,
    “大規模P2PネットワークにおけるSkip List型オブジェクト管理のための高効率メッセージ転送法”,
    電子情報通信学会技術研究報告, (NS2008-34), pp. 49-54, 2008.7.17-18.
  7. Badr Oulad Nassar, 橘 拓至, 杉本 謙二,
    “OBSメッシュ網におけるホップ数型バーストクラスタ伝送の性能改善手法”,
    インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 次世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NGN) ワークショップ(ITRC-NGN 2008), pp.18-22, 2008.9.24-25.
  8. 木下 晴雅, 橘 拓至, 杉本 謙二,
    “IEEE802.22 WRANにおける非衝突型チャネル切り替えアルゴリズム:優先度情報の効果”,
    インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 次世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NGN) ワークショップ(ITRC-NGN 2008), pp.50-52, 2008.9.24-25.
  9. 長井 健祐, 中村 幸紀, 杉本 謙二,
    “センサ故障にロバストな切替え型状態推定”,
    第51回 自動制御連合講演会, 山形大学工学部, 2008.11.22-23.
  10. 近藤 祐和, 杉本 謙二,
    “動的混合に対するICAを用いた多変量ボラティリティ変動モデルのパラメータ推定”,
    第51回 自動制御連合講演会, 山形大学工学部, 2008.11.22-23.
  11. 平田健太郎,
    “On Internal Stabilizing Mechanism of Passive Dynamic Walking”,
    第9回 計測自動制御学会, システムインテグレーション部門講演会(SI 2008), 長良川国際会議場, 2008.12.05-07.
  12. 小柳衣津美, 橘 拓至, 杉本謙二,
    “波長変換に制限のあるWDM網におけるサービスの差別化を実現するマルコフ決定過程モデル”,
    電子情報通信学会技術研究報告, (NS2008-115), pp. 41-46,2008.12.18-19.
  13. Badr Oulad Nassar, Takuji Tachibana, Kenji Sugimoto,
    “Fairness Improvement by Burst Reordering for Hop-based Burst-Cluster Transmission in OBS Mesh Networks”,
    電子情報通信学会技術研究報告, (NS2008-118), pp. 59-64,2008.12.18-19.
  14. 平田健太郎,
    “Notes on Cheap Optimal Control & Passive Dynamic Walking”,
    歩行のシンポジウム,淡路島夢舞台, 2009/1/6.
  15. 糸数 篤,平田健太郎,
    “遅れ型むだ時間系の状態遷移作用素のスペクトル計算について”,
    SICE関西支部若手研究発表会,学校法人常翔学園 大阪センター,2009/1/14.
  16. 角谷 文章,小木曽 公尚,
    “Zonotope表現を用いた四輪車両モデルにおける可到達領域に関する考察”,
    SICE関西支部若手研究発表会,学校法人常翔学園 大阪センター,2009/1/14.
  17. 土居 優太,小木曽 公尚,
    “出力許容集合の近似計算法に関する一考察”,
    SICE関西支部若手研究発表会,学校法人常翔学園 大阪センター,2009/1/14.
  18. 水野 貴志,平田健太郎,
    “倒立振子系のカメラ設置誤差に対してロバストなビジュアルフィードバック制御”,
    SICE関西支部若手研究発表会,学校法人常翔学園 大阪センター,2009/1/14.
  19. 山田 晃平,平田健太郎,
    “FIRフィルタ型繰返し制御を用いた周期運動に対するパワーアシスト”,
    SICE関西支部若手研究発表会,学校法人常翔学園 大阪センター,2009/1/14.
  20. 平田健太郎,水野貴志,
    “倒立振子系のカメラ設置誤差に対してロバストなビジュアルフィードバック制御”,
    第9回 計測自動制御学会 制御部門大会,pp. ??-??,広島大学総合科学部(東広島キャンパス),2009/3/4-6.
  21. 平田健太郎,糸数 篤,
    “非因果的ホールドによる積分作用素のスペクトル計算について”,
    第9回 計測自動制御学会 制御部門大会,pp. ??-??,広島大学総合科学部(東広島キャンパス),2009/3/4-6.
  22. 土居優太,小木曽公尚,
    “楕円体近似による最大出力許容集合のパラメトリゼーション”,
    第9回 計測自動制御学会 制御部門大会,pp. ??-??,広島大学総合科学部(東広島キャンパス),2009/3/4-6.

社会活動

  1. 中村幸紀,
    “フィードバック制御とその応用”,
    生駒市北コミュニティーセンターISTAはばたき, 2008/6/24.
    (奈良県立奈良北高等学校「総合的な学習の時間」にて講演)
    当日の様子
  2. 当研究室の教員+学生,
    “ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI:コン
    ピュータはどうやって学習する? ~振れ止めに上達する制御~”, 2008/10/25.
    当日の様子
  3. 加藤,野口,水野,山田,近藤,木田,畑田,小柳,平田,
    “先端科学技術体験プログラム「続・レゴでロボットを作って動かそう!」
    親子講座”,
    生駒市北コミュニティーセンターISTAはばたき, 2009/1/10.
    当日の様子