2009年度研究業績 (2009年4月から)

論文

  1. Takuji Tachibana, and Kenji Sugimoto,
    “Light-Path Establishment with PID Control for Effective Wavelength Utilization in All-Optical Wavelength-Division Multiplexing Networks”,
    The Journal of Optical Networking, Vol. 8, No. 4, pp. 383-392, May 2009.
  2. Takuji Tachibana,
    “Burst-Cluster Transmission with Probabilistic Pre-emption for Reliable Data Transfer in High-Performance OBS Networks”,
    Photonic Network Communications, Vol. 17, No. 3, pp. 245-254, June 2009.
  3. 鈴木新, 杉本謙二,
    “熱システムの負荷推定と擬似データを用いた基準群作成法”,
    計測自動制御学会産業論文集, Vol. 8, No. 6, pp. 47-53, 2009.
    Web掲載
  4. 加藤健一, 平田健太郎, 水野貴志, 山田晃平,
    “視覚フィードバックとロバスト制御による大道芸「くわえ撥」の実現”,
    計測自動制御学会論文集, Vol. 45, No. 10, pp. 530-537, 2009.
  5. 鈴木新, 杉本謙二,
    “不安定な初期状態に対するロバスト熱容量推定法”,
    計測自動制御学会産業論文集, Vol. 9, No. 7, pp. 46-52, 2010.
    Web掲載

解説・書評

  1. 橘 拓至,
    “国際会議報告:IEEE International Conference on Communications 2008 (ICC-2008), 概況報告”,
    電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン, No.8 春号, pp. 72-73, 2009.
  2. Tryphon T. Georgiou and Malcolm C. Smith (翻訳 平田健太郎),
    “フィードバック制御とArrow of Time”,
    システム制御情報学会誌 システム/制御/情報, 第53巻 第7号, pp. 273-281, 2009.

国際会議

  1. Kiminao Kogiso, Makoto Noguchi, Kazuyoshi Hatada, Naoki Kida, and Naofumi Hirade,
    “Experimental Validation of Tracking Control with Collision Avoidance Using RC Model Cars,”
    2009 SIAM Conference on Control and Its Applications (CT’09), PP0, Denver, USA, Jul., 2009.
  2. Kenji Sugimoto and Hirokazu Kondo,
    “Multivariate Time Series Prediction by Blind Signal Deconvolution,”
    ICROS-SICE International Joint Conference 2009 (ICCAS-SICE 2009), Fukuoka, Japan, Aug., 2009.
  3. Yuta Doi, and Kiminao Kogiso,
    “On Less Conservativeness in Approximating Maximal Output Admissible Sets for Online Application: A Case Study,”
    ICROS-SICE International Joint Conference 2009 (ICCAS-SICE 2009), Fukuoka, Japan, Aug., 2009.
  4. Yuta Doi, and Kiminao Kogiso,
    “An Approximation of Maximal Output Admissible Sets for Online Application: A Case Study,”
    ICROS-SICE International Joint Conference 2009 (ICCAS-SICE 2009), Fukuoka, Japan, Aug., 2009.
  5. Kiminao Kogiso, Naofumi Hirade, and Masanori Tatsumi,
    “Motorized Pan/Tilt Head Control Over the Internet: Stabilization under Existence of Pointwise-in-time Constraints and Unforeseeable Delays and Looses,”
    ICROS-SICE International Joint Conference 2009 (ICCAS-SICE 2009), Fukuoka, Japan, Aug., 2009.
  6. Tomomichi Hagiwara and Kentaro Hirata,
    “Fast-Lifting Approach to the Computation of the Spectrum of Retarded Time-Delay Systems,”
    European Control Conference 2009 (ECC’09), Budapest, Hungary, Aug., 2009.
  7. Kentaro Hirata, Atsushi Itokazu and Tomomichi Hagiwara,
    “On Numerical Computation of the Spectrum of a Class of Integral Operators via Non-Causal Hold Discretization,”
    the 8th IFAC workshop on time delay systems (TDS’09), Sinaia, Romania, Sep., 2009.
  8. Izumi Koyanagi, Takuji Tachibana, Kenji Sugimoto,
    “A Reinforcement Learning-Based Lightpath Establishment for Service Differentiation in All-Optical WDM Networks,”
    IEEE Globecom 2009,Nov./Dec. 2009.
  9. Kentaro Hirata and Takashi Mizuno,
    “H-infinity Synthesis of Visual Feedback Systems under Camera Misalignment,”
    IEEE IECON 2009, Porto, Portugal, 2009.
  10. Kenichi Katoh, Kentaro Hirata, Takashi Mizuno and Kouhei Yamada,
    “Development of Street Performance Robot“SOMENOSUKE”,”
    IEEE IECON 2009, Porto, Portugal, 2009.
  11. Kimihiro Mizutani, Izumi Koyanagi, and Takuji Tachibana,
    “Dynamic Session Management Based on Reinforcement Learning in Virtual Server Environment,”
    The 2010 IAENG International Conference on Communication Systems
    and Applications (ICCSA’10), Hong Kong, Mar. 2010.

国内会議

  1. 小木曽公尚,平出尚史,辰巳雅紀,
    “インターネットを介したパンチルト可動雲台の遠隔制御”,
    第53回 システム制御情報学会 研究発表講演会(SCI’09),pp. 553-554,神戸市産業振興センター,2009/5/20-22.
  2. 鈴木新,杉本謙二,
    “省エネルギーとロバスト性を考慮した制御系設計法”,
    第53回 システム制御情報学会 研究発表講演会(SCI’09),pp. 691-692,神戸市産業振興センター,2009/5/20-22.
  3. 加藤健一,平田健太郎,水野貴志,山田晃平,
    “大道芸ロボット”SOMENOSUKE”の開発”,
    第53回 システム制御情報学会 研究発表講演会(SCI’09),pp. 41-42,神戸市産業振興センター,2009/5/20-22.
  4. 中村幸紀,長井健祐,杉本謙二,
    “センサ出力のオンライン選択に基づく状態推定 -非接触センサによる検証実験-”,
    第53回 システム制御情報学会 研究発表講演会(SCI’09),pp. 557-558,神戸市産業振興センター,2009/5/20-22.
  5. 野口慎,平田健太郎,杉本 謙二,
    “インプロパーな制御器を用いたフィードバック誤差学習”,
    第53回 システム制御情報学会 研究発表講演会(SCI’09),pp. 425-426,神戸市産業振興センター,2009/5/20-22.
  6. 近藤祐和,杉本謙二,
    “動的ICAによる多変量時系列予測と金融への応用”,
    第53回 システム制御情報学会 研究発表講演会(SCI’09),pp. 713-714,神戸市産業振興センター,2009/5/20-22.
  7. Izumi Koyanagi, Takuji Tachibana, and Kenji Sugimoto,
    “Distributed Lightpath Establishment based on Reinforcement Learning in WDM Networks -On Providing Service Differentiation and Effective Wavelength Utilization-”,
    電子情報通信学会技術研究報告 (NS2009-??), pp. ??-??, 2009.7.16-17.
  8. 小木曽公尚,
    “Zonotope表現を用いたハイブリッドシステムの可到達性解析”,
    第52回 自動制御連合講演会,F2-3,大阪大学基礎工学研究科,2009/11/21-22.
  9. 水谷后宏, 小柳衣津美, 橘拓至,
    “仮想サーバ環境において動的なセッション管理を可能とする強化学習モデルの提案”,
    電子情報通信学会 情報通信マネジメント研究会, 2010.1.21-22.
  10. 野口慎,杉本謙二,
    “フィードバック誤差学習の制御応用-厳密にプロパなプラントでの検証-”,
    SICE関西支部若手研究発表会,学校法人常翔学園 大阪センター,2010/1/15.
  11. 木田直希,平田健太郎,
    “Active Visionによる3次元移動体位置計測の検討”,
    SICE関西支部若手研究発表会,学校法人常翔学園 大阪センター,2010/1/15.
  12. 松井元輝,橘拓至,小木曽公尚,杉本謙二,
    “モデル予測制御を用いた光グリッドの動的資源管理方式”,
    SICE関西支部若手研究発表会,学校法人常翔学園 大阪センター,2010/1/15.
  13. 畑田和良, 平田健太郎,
    “電動自転車のアシスト力制御法とエネルギー効率に関する検討”,
    第10回 計測自動制御学会,システムインテグレーション部門講演会(SI 2009),pp. 303–306,芝浦工業大学 豊洲キャンパス,2009/12/24-26.
  14. 杉本謙二, 野口慎,
    “プレフィルタの状態変数を利用したフィードバック誤差学習”,
    SICE第10回適応学習制御シンポジウム, pp. 57-60, 琉球大学, 2010/1/25-26.
  15. 野口慎、杉本謙二
    “一般の2自由度構造によるフィードバック誤差学習”,
    SICE第10回制御部門大会, 熊本大学, 2010/3/16-18.

招待講演

  1. 小木曽公尚,
    リファレンスガバナ,
    SICE次世代制御技術調査研究会, 2009/03/18.
  2. 小木曽公尚,
    リファレンスガバナを用いた拘束システムの制御,
    【ロボットテクノロジーセミナー】次世代を担う!関西ロボット系若手研究者ネットワーク 事業化マッチング会, 2009/7/17.
  3. 小木曽公尚,
    リファレンスガバナを用いた制御系設計 ~基礎から応用・最新動向まで~,
    日産自動車株式会社 日産先進技術開発センター, 2010/1/21.

特許

  1. 橘 拓至, 小柳 衣津美,
    「光パス設定方法および光情報通信システム」,出願番号:特願2009-113071.

社会活動

  1. 小木曽公尚,
    計測自動制御学会 関西支部 チュートリアル講習会 2009
    –学生限定 MATLAB/Simulink 講習会–,
    京都大学 2009/12/02.