2011年度研究業績 (2011年4月から)

論文

  1. Nguyen Thi Hong Thuy, Yasunori Kikuchi, Hirokazu Sugiyama, Masaru Noda and Masahiko Hirao
    “Techno-economic and Environmental Assessment of Bioethanol Based Chemical Process: A Case Study on Ethyl Acetate,”
    Environmental Progress & Sustainable Energy (Published online in Wiley Online Library. DOI 10.1002/ep.10517) (2011)
  2. 粕谷悠介, 野田賢, 西谷紘一,
    “安全確保速度に基づく模範的な無信号交差点通過行動の数理的探索法,”
    ヒューマンファクターズ, Vol. 16, No. 1, pp. 37-44(2011)
  3. 梅原茂樹, 野田賢, 西谷紘一,
    “車両速度とペダル操作プロフィールに基づく無信号交差点通過行動の安全度評価指標の提案,”
    ヒューマンファクターズ, Vol. 16, No. 1, pp. 45-51 (2011)
  4. Tomomichi Hagiwara and Kentaro Hirata,
    “Fast-Lifting Approach to the Computation of the Spectrum of Retarded Time-Delay Systems,”
    European Journal of Control, Vol. 17, No. 2, pp. 162-171, (2011)
  5. Masaru Noda, Fumitaka Higuchi, Tsutomu Takai, Hirokazu Nishitani,
    “Event Correlation Analysis for Alarm System Rationalization,”
    Asia-Pacific Journal of Chemical Engineering, Vol. 6, Issue 3, pp.497-502 (2011)
  6. Masaru Noda, Hirokazu Nishitani,
    “Plant Shift Ability Evaluation for Abnormal Situation Management,”
    Asia-Pacific Journal of Chemical Engineering, Vol. 6, Issue 3, pp.503-508 (2011)
  7. 倉田浩二郎, 野田賢, 菊池康紀, 平尾雅彦,
    “プラントアラームシステム適正化のためのイベント相関解析法の拡張,”
    化学工学論文集, Vol. 37, No. 4, pp.338-343 (2011)
  8. Harumasa Kinoshita,Takuji Tachibana, and Kenji Sugimoto,
    “Rank-based Dynamic Frequency Hopping without Strict Coordination in IEEE 802.22 WRAN System,”
    International Journal of Communication Systems, (Published online in Wiley Online Library (wileyonlinelibrary.com). DOI: 10.1002/dac.1244) (2011)
  9. Takamitsu Matsubara, Sang-Ho Hyon, Jun Morimoto,
    “Learning parametric dynamic movement primitives from multiple demonstrations,”
    Neural Networks, Volume 24, Issue 5, Pages 493-500 (2011)
  10. 高井努,野田賢,
    “プラント運転ログデータのイベント相関解析によるアラームシステムの性能評価,”
    化学工学論文集, Vol. 37, No. 6, pp. 539-545
  11. 鈴木新, 杉本謙二,
    “符号付きマハラノビス距離による炊飯調理量推定, “
    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),Vol. 131, No. 8, pp. 1439-1444 (2011)
  12. Kiminao Kogiso and Kenji Hirata,
    “Worst-case Performance Analysis of Multi-mode Switching Control Systems with a Strategy Consisting of Maximal Output Admissible Sets,”
    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol. 4, No. 5, pp. 365-371 (2011)
  13. 佐々木智樹,松原崇充,野崎康,木戸出正継,
    “卓球タスクにおけるスイング動作からのスピン関連情報抽出と打球予測への応用,”
    電子情報通信学会論文誌D, Vol. J94-D, No. 10, pp. 1622-1630 (2011)
  14. 平田健太郎, 西田将人,
    “入力むだ時間系に対するオブザーバ併合型状態予測制御の安定解析, “
    システム制御情報学会論文誌, Vol. 24, No. 12, pp. 296-298 (2011)
  15. 平田健太郎, 水野貴志,
    “カメラ設置誤差を許容するバランスタスクの視覚フィードバック安定化, “
    システム制御情報学会論文誌, Vol. 25, No. 1, pp. 10-18 (2012)
  16. Takamitsu Matsubara, Sang-Ho Hyon and Jun Morimoto,
    “Real-Time Stylistic Prediction for Whole-Body Human Motions,”
    Neural Networks, Volume 25, Pages 191-199 (2012)
  17. 坂本覚仁, 松原崇充, 木戸出正繼,
    “行動予測-行動則モジュールデータベースを用いたヒューマンロボットインタラクションにおける行動則の適応,”
    電子情報通信学会論文誌A(人とエージェントのインタラクション特集号), Vol. 95-A, No. 1, pp. 107-116 (2012)
  18. 高井努,野田賢,樋口文孝,
    “イベント相関解析によるエチレンプラント運転ログデータからの迷惑アラーム抽出”,
    化学工学論文集,vol. 38, no. 2, pp. 110-116, (2012)
  19. 畑田和良, 平田健太郎, 山田晃平, 大谷真司,
    “周期運動に対するエネルギ効率に優れたパワーアシスト制御法の検討,”
    システム制御情報学会誌, Vol. 25, No. 2, pp. 28-38 (2012)
  20. 高井努,野田賢,樋口文孝,
    “オペレータアンケートによるプラントアラームシステムの8特性評価,”
    ヒューマンファクターズ, Vol. 16, No. 2, pp. 80-87 (2012)
  21. 馬場一嘉, 野田賢, 西谷紘一,
    “プラント運転用DCS画面設計指針とそのオペレータ評価”,
    ヒューマンファクターズ, Vol. 16, No. 2, pp. 88-98 (2012)
  22. 野口慎, 杉本謙二,
    “逆システムの直列結合による仮想フィードバック誤差学習,” 
    計測自動制御学会論文集, Vol.48, No.2, pp. 93-101(2012)
  23. 的場俊亮, 中村奈美, 中村文一, 秋場英之,
    “1リンク機械システムに対する有限時間整定制御,”
    計測自動制御学会論文集, Vol.48, No.2, pp. 109-116(2012)
  24. Masaru Noda and Nobuhide Sakamoto,
    “Data-based Diagnosis Method of Multiple Blocked Channels in a Microreactor”,
    Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol. 45, No. 3, pp. 228-232 (2012)

解説・書評

  1. 小木曽公尚,
    “国際会議報告:The 49th IEEE Conference on Decision and Control に参加して”,
    システム制御情報学会誌 システム/制御/情報, Vol. 55, No. 7, p. 30, 2011.
  2. 小木曽公尚,
    “研究活動紹介:ジョージア工科大学 Shamma研究室における研究活動”,
    システム制御情報学会誌 システム/制御/情報, Vol. 55, No. 8, pp. 33-34, 2011.
  3. 野田賢,
    “マイクロリアクタの多重閉塞診断”,
    ケミカルエンジニヤリング, Vol.56, No. 7, pp.33-36 (2011)
  4. 松原崇充, 為井智也, 柴田智広
    “着衣支援ロボット:着衣状態の計測・評価技術と支援動作学習への応用”,
    映像情報インダストリアル, 2012年2月号, pp7-12.

国際会議

  1. Naoki Kimura, Kazuhiro Takeda, Masaru Noda, and Takashi Hamaguchi,
    “An Evaluation Method for Plant Alarm Systems based on a Cause-Effect Model”,
    Computer-aided Chemical Engineering, Vol. 29 (Proc. of the 21th European Symposium on Computer Aided Process Engineering), pp.1065-1069, May 29 – June 1, Chalkidiki (2011)
  2. Kenji Sugimoto and Yamato Matsubara,
    “Feedback Error Learning Control Approximated by All-forward Filters”,
    3rd International Conference on Control and Optimization With Industrial Applications, Bilkent University, Ankara, Turkey 22-24, August 2011
  3. Yosuke Yoshida, Matti Pouke, Masahiro Tada, Haruo Noma, Masaru Noda,
    “Evaluation Method for Safe Driving Skill Based on Driving Behavior Analysis and Situational Information at Intersections,”
    Proc. of the 5th Biennial Workshop on Digital Signal Processing for In-Vehicle Systems, September 4-7, Kiel (2011)
  4. Kazuhiro Takeda, Annuar Aimi, Takashi Hamaguchi, Masaru Noda, and Naoki Kimura,
    “Design Method of Plant Alarm Systems on the Basis of Two-Layer Cause-Effect Model,”
    Proc. of the 15th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems (KES2011), September 12-14, Kaiserslautern (2011)
  5. Yamato Matsubara, Makoto Noguchi, Atsushi Satoh and Kenji Sugimoto,
    “Virtual Feedback Error Learning Control”,
    SICE Annual Conference 2011, pp. 1715-1720, September 13 – 18, Tokyo (2011)
  6. Koji Kita and Kiminao Kogiso,
    “Game-Theoretic Consideration on Efficient Approximation of Maximal Output Admissible Sets by Multiple Ellipsoids”,
    SICE Annual Conference 2011, pp. 1727-1733, September 13 – 18, Tokyo (2011)
  7. Tsutomu Takai and Masaru Noda,
    “Performance Monitoring of Industrial Plant Alarm Systems using Event Correlation Analysis”,
    2011 AIChE Annual Meeting, October 16-21, Minneapolis (2011)
  8. Masaru Noda, Kohjiro Kurata, Yasunori Kikuchi and Masahiko Hirao,
    “Event Correlation Analysis of Plant Operation Data with Large Variance in Time Lag for Alarm System Rationalization”,
    2011 AIChE Annual Meeting, October 16-21, Minneapolis (2011)
  9. Takuya Hirotani, Norihiko Saito and Kenji Sugimoto,
    “Blind Deconvolution with IIR Filter by Projecting the Learning Law in FIR Approximation”,
    The 43rd ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, Shiga, Japan, October 28-29, 2011.
  10. Sang-Ho Hyon, Jun Morimoto, Takamitsu Matsubara, Tomoyuki Noda and Mitsuo Kawato,
    “XoR: Hybrid Drive Exoskeleton Robot That Can Balance,”
    The 2011 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, San Francisco, California, pages 3975-3981, 2011.
  11. Takamitsu Matsubara and Jun Morimoto,
    “An Optimal Control Approach for Hybrid Actuator System,”
    11th IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots, Bled, Slovenia, pages 300-305, 2011.
  12. Tomoya Tamei, Takamitsu Matsubara, Akshara Rai and Tomohiro Shibata,
    “Reinforcement Learning of Clothing Assistance with a Dual-arm Robot,”
    11th IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots, Bled, Slovenia, pages 733-738, 2011.
  13. Kentaro Hirata, Mayumi Tomida and Kazuyoshi Hatada:
    “Gain Scheduling Control Experiment of Balancing Transformer Robot using LEGO Mindstorms,”
    International Conference on Design and Modeling in Science, Education, and Technology (DeMset2011), DM402NY, Orlando, FL, USA, November 29 – December 2, 2011.
  14. Mika Mori, Takuji Tachibana, Kentaro Hirata,and Kenji Sugimoto,
    “A Proposed Topology Design and Admission Control Approach for Improved Network Robustness in Network Virtualization”,
    The IEEE Global Communications Conference (GLOBECOM) 2011, Houston, Texas, 5 — 9 December 2011.
  15. Maricris C. Marimon, Erick Ignacio T. Villegas, Martin John H. Borja,Gregory L. Tangonan, Nathaniel Joseph C. Libatique,
    “Low Cost Sensor System for Wave Monitoring”,
    7th International Conference on Intelligent Sensors,Sensor Networks and Information Processing (ISSNIP 2011), 6-9 December 2011, Adelaide, Australia.
  16. Takamitsu Matsubara, Sang-Ho Hyon and Jun Morimoto,
    “Learning and Adaptation of a Stylistic Myoelectric Interface: EMG-based Robotic Control with Individual User Differences”,
    IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO2011), pp.390-395, Phuket Island, Thailand, December 7-11, 2011 (Oral Presentation).
  17. Yasuhito Horiguchi, Takamitsu Matsubara and Masatsugu Kidode,
    “Learning Parametric Inverse Dynamics Models from Multiple Conditions for Fast Adaptive Computed Torque Control”,
    IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO2011), pp.2670-2675, Phuket Island, Thailand, December 7-11, 2011 (Oral Presentation).
  18. Daisuke Shinohara, Takamitsu Matsubara and Masatsugu Kidode,
    “Learning Motor Skills with Non-Rigid Materials by Reinforcement Learning”,
    IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO2011), pp.2676-2681, Phuket Island, Thailand, December 7-11, 2011 (Oral Presentation).
  19. Masaru Noda, Tsutomu Takai and Fumitaka Higuchi,
    “Operation Analysis of Ethylene Plant by Event Correlation Analysis of Operation Log Data”,
    Proc. of FOCAPO 2012, January 8-11, Savannah (2012)
  20. Kazuyoshi Hatada and Kentaro Hirata,
    “Energy-Efficient Power Assisting Methods for Periodic Motions and its Experimental Verification”,
    the 2012 IEEE International Conference on Industrial Technology(ICIT), pp. 869-874, Athens, Greece, March, 2012.

国内会議

  1. 若原達郎, 野田賢,
    “化学プロセスの最適化に頻繁に見られる非線形計画問題に対する分解法”,
    第55回 システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’11), pp. 63-64, 大阪大学 吹田キャンパス, 2011/5/17-19
  2. 中川繁政, 平田健太郎, 杉本謙二,
    “遷移沸騰領域における冷却制御の制御系設計”,
    第55回 システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’11), pp. 65-66, 大阪大学 吹田キャンパス, 2011/5/17-19
  3. 畑田和良, 平田健太郎,
    “周期運動に対するエネルギー効率に優れたパワーアシスト制御法の検討”,
    第55回 システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’11), pp. 147-148, 大阪大学 吹田キャンパス, 2011/5/17-19
  4. 広谷拓也, 斉藤紀彦, 杉本謙二,
    “FIR近似の学習則を射影したIIRフィルタによるブラインド信号分離”,
    第55回 システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’11), pp. 475-476, 大阪大学 吹田キャンパス, 2011/5/17-19
  5. 西田直貴, 的場俊亮, 中村文一, 中村奈美,
    “同次P-PI制御によるロボットマニピュレータの高精度制御”
    第55回 システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’11), pp. 503-504, 大阪大学 吹田キャンパス, 2011/5/17-19
  6. 久保田靖之, 平田健太郎,
    “加圧炊飯プロセスの数理モデル化とエネルギー効率の検討”
    第55回 システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’11), pp. 575-576, 大阪大学 吹田キャンパス, 2011/5/17-19
  7. 吉田陽祐, 多田昌裕, 野間春生, 野田賢,
    “ドライバーの行動計測に基づく運転技能評価手法の有効性検証~教習所指導員の主観評価との相関を用いた解析~”,
    映像情報メディア学会 映像表現&コンピュータグラフィックス研究会発表会, 5月27日, 龍谷大学響都ホール (2011)
  8. 吉田陽祐, 野田賢, 多田昌裕, 野間春生,
    “交差点周辺状況を考慮した見通し距離に基づく運転技能評価尺度の有効性評価”,
    第43回土木計画学研究発表会(春大会), 5月28日~29日, 筑波大学 (2011)
  9. Takamitsu Matsubara and Sang-ho Hyon and Jun Morimoto,
    “Learning a Stylistic Model of Myoelectric Signals for User-Adaptive EMG-based,”
    第29回日本ロボット学会学術講演会, 3Q1-2, 2011.
  10. Tomoya Tamei, Takamitsu Matsubara, Akshara Rai and Tomohiro Shibata,
    “Reinforcement Learning of Clothing Assistance with a Dual-arm Robot,”
    第29回日本ロボット学会学術講演会, 3Q1-3, 2011.
  11. Daisuke Shinohara and Takamitsu Matsubara and Masatsugu Kidode,
    “A Learning Framework for Motor Skills with Non-Rigid Materials Based on Reinforcement Learning,”
    第29回日本ロボット学会学術講演会, 3P3-4, 2011.
  12. 松原崇充, 玄相昊, 森本淳,
    “EMGに基づくロボットハンド制御のためのユーザ適応型筋電インタフェース”
    第34回日本神経科学大会, P4-u09, 2011.
  13. 高井努, 野田 賢,
    “イベント相関解析を用いたアラームシステムのパフォーマンスモニタリング,”
    化学工学会第43回秋季大会, 9月14日-16日, 名古屋工業大学(2011)
  14. 高井努, 岡田智, 野田賢,
    “IECにおけるアラームマネジメントの国際標準化,”
    化学工学会第43回秋季大会, 9月14日-16日, 名古屋工業大学(2011)
  15. 浜口孝司, 武田和宏, 野田賢, 木村直樹,
    “アラームシステム設計における識別異常原因群の設定のための階層モデル,”
    化学工学会第43回秋季大会, 9月14日-16日, 名古屋工業大学(2011)
  16. 森 美華, 橘拓至, 平田健太郎, 杉本謙二,
    “ロバストな仮想ネットワークを提供するための物理ネットワーク設計法の検討,”
    TITRC NWGN 2011, みのたにグリーンスポーツホテル,2011/9/26‐27
  17. 坂本伸英, 野田賢,杉本謙二,
    “マイクロリアクタの多重閉塞診断法”,
    第54回自動制御連合講演会, 11月19日~20日, 豊橋技術科学大学(2011)
  18. 野田賢, 高井努, 杉本謙二,
    “アラームマネジメントのためのプラント運転データ解析”,
    第54回自動制御連合講演会, 11月19日~20日, 豊橋技術科学大学(2011)
  19. 片岡荘太, 杉本謙二,
    “逆システムのLazy Learningによる適応制御”,
    第54回自動制御連合講演会, 11月19日~20日, 豊橋技術科学大学(2011)
  20. 里村祥太, 野田賢, 杉本謙二,
    “安全確保速度に基づく 無信号交差点形状の安全度評価”,
    第44回土木計画学研究発表会, 11月25日~27日, 岐阜大学 (2011)
  21. 内方章雅, 松原崇充,森本淳,
    “スタイル-位相適応による周期運動の時空間同期”,
    第12回システムインテグレーション部門講演会(SI2011), pp.1825-1828, 京都大学吉田キャンパス, 2011/12/23-25
  22. 広谷拓也,杉本謙二,
    “学習則の射影によるブラインド信号分離と外乱抑制制御系設計への応用”,
    計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会,pp. 119-122,学校法人常翔学園 大阪センター,2012/1/19
  23. 森美華,橘拓至,平田健太郎,杉本謙二,
    “仮想ネットワークの構築に適した物理ネットワークの設計技術の検討”,
    電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, pp.11-16, 2012/1/26-27
  24. 森美華,橘拓至,平田健太郎,杉本謙二,
    “半正定値計画問題によるネットワーク仮想化に適した物理ネットワークのトポロジ設計法”,
    電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, pp.233-236, 2012/3/8-9
  25. 松原崇充, 森本淳,
    “高次元多重時系列データ解析のための正準多重整列法”,
    情報論的学習理論と機械学習(IBISML)研究会, pp63-68,2012年3月12日-13日,統計数理研究所,(2012).
  26. 水井俊文, 平田健太郎,
    “多目的慣性ロータによる二輪車の安定化制御の検討”,
    第12回計測自動制御学会制御部門大会, 3月14日~16日, 奈良県文化会館 (2012)
  27. 西田直貴, 的場俊亮, 中村文一, 中村奈美,
    “同次P-PI 制御によるロボットマニピュレータの高精度制御”,
    第12回計測自動制御学会制御部門大会, 3月14日~16日, 奈良県文化会館 (2012)
  28. 桑村光男, 松原崇充, 杉本謙二,
    “モデル化誤差を含む多数のシミュレータによる実ロボットの運動スキル学習”,
    第12回計測自動制御学会制御部門大会, 3月14日~16日, 奈良県文化会館 (2012)
  29. 高田宏明, 松原崇充, 杉本謙二,
    “共変量シフト適応による慣性パラメータのタスク適応”,
    第12回計測自動制御学会制御部門大会, 3月14日~16日, 奈良県文化会館 (2012)
  30. 川尻圭亮, 平田健太郎,
    “PTZ カメラを用いた視覚サーボ系における運動パラメータ推定”,
    第12回計測自動制御学会制御部門大会, 3月14日~16日, 奈良県文化会館 (2012)
  31. 藤井裕大, 中村文一,
    “連続時間非線形有限時間整定制御則に対する整定時間設計法”,
    第12回計測自動制御学会制御部門大会, 3月14日~16日, 奈良県文化会館 (2012)
  32. 喜多功次, 小木曽公尚, 杉本謙二,
    “ゲーム理論的学習アルゴリズムを用いた最大出力許容集合の複数楕円体近似に関する考察”,
    第12回計測自動制御学会制御部門大会, 3月14日~16日, 奈良県文化会館 (2012)
  33. 高橋健太郎, 平田健太郎,
    “状態に依存してむだ時間長が可変となるような繰り返し制御系の安定解析”,
    第12回計測自動制御学会制御部門大会, 3月14日~16日, 奈良県文化会館 (2012)
  34. 片岡荘太, 杉本謙二,
    “局所重み付き回帰によるフィードフォワード制御の設計と移動ロボット実験
    第12回計測自動制御学会制御部門大会, 3月14日~16日, 奈良県文化会館 (2012)
  35. 畑田和良, 平田健太郎,
    “低燃費を実現する規則向波中における船舶のフィードバックエンジン回転数制御”,
    第12回計測自動制御学会制御部門大会, 3月14日~16日, 奈良県文化会館 (2012)
  36. 大澤修一, 中村文一(東京理科大学), 西谷紘一,
    “永久磁石同期モータの高効率非線形制御”,
    第12回計測自動制御学会制御部門大会, 3月14日~16日, 奈良県文化会館 (2012)
  37. 加藤誠, 野田賢, 武田和宏, 菊池康紀, 平尾雅彦,
    “アラームの発報順を考慮したプラントアラーム変数選択法”,
    化学工学会第77年会, 3月15日~17日, 工学院大学 (2012)
  38. 坂本伸英, 野田賢,
    “圧力バランスモデルを用いたマイクロリアクタの閉塞率推定法”,
    化学工学会第77年会, 3月15日~17日, 工学院大学 (2012)
  39. Nguyen Thuy, 菊池康紀, 野田賢, 平尾雅彦,
    “Structured Framework Supporting Design of Bio-based Chemical Process”,
    化学工学会第77年会, 3月15日~17日, 工学院大学 (2012)

招待講演

  1. Kiminao Kogiso,
    Constrained Control using Maximal Output Admissible Sets“,
    Decision and Control Laboratory Seminar, Georgia Institute of Technology, USA, 2011.
  2. 野田賢,
    “仮想オペレータモデルの構築とプラントアラームシステム評価への応用”,
    第12回計測自動制御学会制御部門大会, 3月14日~16日, 奈良県文化会館 (2012)

社会活動

  1. 杉本謙二,
    “情報科学から見た植物工場,”
    けいはんなプラザ, アグリバイオ研究会, 2011.9.2

その他

  1. 畑田和良,
    “The SICE Annual Conference 2010(SICE2010)参加報告,”
    シーエンス, 奈良先端科学技術大学院大学支援財団, p. 11, Vol. 10, Autumn, 2011.